一括査定 コツ|他業者では70万あったこと

長いこと使ったクルマを手放すことになる日は必ず来ます。愛おしい気持ちになり、そして次のクルマがやってくる楽しみも重なる気分でしょう。セカンドカーのように使っていた軽自動車を売却することになり、今回は入れ替えではなくて所有台数を減らして経費の節約を図るというのが目的でしたから、買い取り専門店にだけ見積もりを出してもらうようにしました。新車で購入しましたので、49か月目ですから、つまり初回登録から4年経過です。走った距離は約4万キロ、年1万キロペースなので、走行距離としては、平均的だと思います。買い取り査定は2社にお願いし、すべて出張査定を依頼しました。もちろん査定料は無料です。

誰だって車を買い取ってもらう時は、少しでも査定金額の高い会社にお願いしたいと思うでしょう。ですが素人には自分が乗っている自動車の査定相場がわかりませんので、複数の専門店に一括見積りをお願いし、それぞれに買い取り額を出してもらい比較することにしました。

最初に来てくれた買い取り業者は、担当者がクルマの状況を確認してからパソコンを持ち出して、いくつか入力してから送信していました。査定額の結果は71万弱。こちらの買い取り希望額は80万でしたから、そのように伝えてみると上司に相談するので帰ってから返事をするとのことです。翌日に違う会社の方が査定に来ましたが、69万円が上限と言われました。他業者では70万あったこと、希望額は80万と言ってみましたが、なかなか難しそうな感じでバンザイされてしまいました。それからしばらくして最初の査定をしてくれた人から、78万なら出せますと連絡がありましたので、そこで決めました。

一括査定 コツ|なぜか白くなっていました

前に使っていた自動車は、ボンネットがなぜか白くなっていました。ボディの色は濃い目だったのですが、白い部分が妙に目だちオンボロ車のように見えてしまうのです。洗車も一応しましたが査定してもらいに行ったところ、やはりボンネットのあの部分が買い取り査定額に影響を与えるという事を聞きました。カー用品があるお店に行ってボンネットの白色を戻すような方法を探したところ、艶を出すことができる商品を見つけました。気になっていたあの部分に塗ったところ、とても綺麗になりました。友人にはいくらかかったと言われました。そこでもう一度査定をしてもらったところ、前回よりも金額がアップしました。年数も経っている車なのでどう出るかと思いましたが、思ったよりも高く評価されたので良かったです。気にしていたあの部分も特に指摘もありませんでした。白くなりかけていたところも元々の色に戻す事が出来、これまでよりもそれ以上に艶やかな感じにすることが出来たから良かったのかなと思います。

クルマの査定を受ける前には、車の艶を出しておくなど綺麗にしておきたいですね。ボディカラーが気になる場合は、艶出しワックスなどでメンテしておくと査定額が上がるかもしれません。査定価格の上昇とピカピカにするための手間などを良く比較してみて、損しないと思ったらやってみるのもアリです。千円くらいの出費があっても、数万円の査定アップになりました。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/08/15 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車売却で一番高く売るには一括査定 All rights reserved.