一括査定 バイク|66万円という査定額でした

長い年月使用した車を売ってしまうときが来ます。もの悲しい気分にもなり、次に乗る車が楽しみという気分でもあるでしょう。セカンドカーとして所有していた自動車を売ることになり、今回は入れ替えではなくて所有台数を減らして経費の節約を図るというのが目的ともいえますので、クルマの買い取り専門店に査定をしてもらいました。

新車で購入しましたので、初回の車検をやってから1年だから、だいたい4年ということです。走行距離はだいたい40000キロ、年間で言えば1万くらいなので、特に多いわけでもありませんし、平均的な走行距離です。クルマの買い取り査定は2社にお願いし、全て出張査定でお願いしています。査定料は無料です。

自動車を買取ってもらうならだれでも、高額の査定をしてくれるところに売りたいものです。でも素人にはこの車の相場がまったく判らないので、今回2つの会社にお願いし、それぞれの査定見積もりを比べてみることにしました。

最初に来てくれた買い取り業者は、スタッフさんが車の状況を確認してから持ってきたパソコンで、色々と入力しネット通信していました。査定結果は70万ちょっと。私の希望は80万くらいだったので、それをスタッフさんに伝えると上司に相談するので1日待ってほしいとの事です。

もう1社の方も来て査定していってくれましたが、66万円という査定額でした。他社の見積もりの方が高かったこと、こちらの希望は80万円ということを伝えましたが、なかなか難しそうな感じで撤退されてしまいました。その直後に最初の査定をしてくれた人から、78万なら出せますと連絡がありましたので、そちらで買ってもらうことにしました。

一括査定 バイク|車を売却する時は

あまり出回っていない珍車を売却したら、なぜか高額査定となり買い取って貰えました。思った以上でかなり高値で買い取って貰えたのです。認知度が高いクルマや人気のある車が高いものと思っていました。ネットで確認したところ、そこにある情報ではその予測に反した通りで、珍車は高額になりやすく買い取ってくれやすいとありました。他の情報では、馴染みの深い車や人気の車が高値で売却できるとあったのです。ただそれは海外輸出向けみたいですね。

日本の自動車は海外で特に高い需要があります。日本人の特徴でもある、物を大事に扱うといったことも関係していると思います。日本人の私は、日本の車は世界一と絶大な信頼を置いています。

今回売却したクルマも国産メーカーの車ですが、もしかして外国で使ってもらえるのかもしれないなと妄想するとワクワクした気持ちになりました。もちろん海外でなくても使用してもらえるのなら嬉しいです。

車を売却する時は、乗ってきた車を失う悲しさもありますが、買い取り額がいくらになるのかやこの車を次に乗る人を思い浮かべるのも好きです。叶うならどなたに譲られたのか知りたいです。今どこで走っていて、どんな場所で毎日いるのかなど、手放しても思い浮かぶことがあります。

海外か国内かもわかりませんが、どこであっても大切な記憶がぶり返してきます。クルマを手離すときにはクルマを売りたいと思うお客さんがいて、買いと売りがバランスよくなっているのでしょう。

この日本において、これからもまだ使える車が求める方々に譲られて行くでしょう。クルマの買い取りでしたが、色々なことを学んだ出来事でした。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/10/17 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車売却で一番高く売るには一括査定 All rights reserved.
査定比較.com