一括査定 無料|車の台数を減らすことで

長いこと使ったクルマを手放すことになる日は必ず来ます。とても悲しい気分になり、でも次の車が楽しみな気分でもあったりします。セカンドカーのように使っていた軽自動車を売却することになり、今回は買い替えせずに車の台数を減らすことで経費節減をするというのが目的ともいえますので、中古車買い取りを専門としている業者に見積もり査定をお願いしました。

新車で購入しましたので、1回目の車検後1年経過、つまり4年経過ですね。走行距離は50,000キロ弱、年間1万キロ程度なので、走行距離としては、特にマイナス要因はありません。自動車買い取り査定は2社に絞ってお願いし、出張での査定をお願いしました。出張査定でも無料でした。

車を買い取ってもらうなら、高額の査定をしてくれるところに売りたいものです。でも素人には乗っている車の相場というのが判らないので、今回2つの会社にお願いし、それぞれの査定見積もりを比べてみることにしました。

最初に来てくれた買い取り業者は、査定担当者が自動車を見てからノート型のパソコンを使って、色々と入力しデータ通信されていました。結果は71万円と言われました。希望していた額は80万以上でしたので、それをスタッフさんに伝えると会社の承認がいるので1日待ってほしいとの事です。

もう1社の方も来て査定していってくれましたが、査定額は68万となりました。昨日の査定が70万円だった事、こちらの希望は80万円ということを伝えましたが、うちではその額は難しいと撤退されてしまいました。それからしばらくして先に査定してくれたスタッフさんから、78万でどう?と連絡が来ましたので、その業者に売ることにしました。

一括査定 無料|国産の車ですが想像すると

あまり出回っていない珍車を売却したら、なぜか高額査定となり買い取ってくれました。思った以上で高額査定にはビックリです。馴染みの深い車や人気の車が高値と思っていたのです。

ネットで調べたところ、そこの情報ではその予測に反した通りで、珍しい車は高値で売却しやすいとありました。そのサイト以外では、売れている自動車や人気の車が高値で買い取ってもらえるそうです。でも条件も書いてあって海外向けとのことでした。

日本の自動車は海外では大切に扱われます。日本人が乗っていたという事で、物を大切に取り扱う習慣も関係していると思います。私の考えも、日本の車は世界レベル以上と信頼しています。

今回売った車も国産の車ですが、想像すると外国に持って行くのかもしれないなと妄想するとドキドキした感じになりました。もちろん海外でなくても利用されるのであればうれしいですね。

車を売却する時は、そのクルマを手放さないといけない寂しさもありますが、どんな査定がされるのかや新たな乗り手を想像する楽しさがあります。可能なら次のオーナーは誰なのか知りたいです。今どこを走り、どんな場所でスタンバイしているのかなど、手放しても思い浮かぶことがあります。

もしかして外国かもしれませんが、どこであっても大切な記憶がぶり返してきます。自動車を手放すときにはクルマを買いたいとする次のオーナーもいて、需要と供給がバランスよくなっているのでしょう。この日本において、これからも質の良いクルマたちが必要な人たちに利用されていくのでしょう。車の買い取りの件でしたが、色々と楽しめたと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/06/26 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車売却で一番高く売るには一括査定 All rights reserved.