個人事業 車下取り|それからしばらくして

長い年月使用した車を手放す時というのはいずれきます。もの悲しい気分にもなり、だけども次に乗ることになる車が楽しみな気分でもあったりします。たまに使っていた自動車を売却することになり、買い替えせずに所有する車の台数を減らして経費の節約を図るというのが目的でしたから、中古車買い取りを専門としている業者に見積もりを出してもらうようにしました。

中古ではなく新車で購入し、最初の車検を通してから1年経過、新車登録から約4年です。4万キロの走行距離で、1年で1万キロ走行ですから、走行距離としては、普通の走行距離だと思います。車の買い取り見積もりは2社に絞ってお願いし、出張での査定をお願いしました。査定料は無料です。

誰だって車を買い取ってもらう時は、より多くの査定額を提示してくれる会社に売却したいものです。ただ素人の私には今の車の相場がまったく判らないので、今回2つの会社にお願いし、査定額をそれぞれ見積もってもらい比べてみることにしました。

最初に来てくれた買い取り業者は、査定担当者が一通り自動車の状況を見てからパソコンを持ち出して、チェック項目に入力していって送信していました。査定結果は70万ちょっと。こちらの希望価格が80万だったので、そのようにハッキリと伝えたら会社の承認がいるのでチョット待ってほしいといわれました。次に査定をしに別の会社の方が来ましたが、68万円という金額を提示されました。他では70万以上の査定額だったこと、こちらの希望は80万円ということを伝えましたが、当社ではかなり厳しいと帰られてしまいました。それからしばらくして最初に査定してもらったところから、78万で売って欲しいと連絡が来ましたので、その業者に売ることにしました。

個人事業 車下取り|この自動車は半年前に

今回車買い取りをしてもらった車は少し前に中古で買った車でした。以前から外国産の車に乗ってみたかったのですが、お財布の都合で新車は無理でした。そこで良い中古車はないかと探していましたが、家から離れたところの中古車屋さんで見つかりました。ですが、喜んで乗っていたのですが、あれもこれもと故障がでてしまい、半年少々で手放すことになりました。職場の近くの自動車買い取り業者に出張査定を依頼したところ、よくて20万が上限とのことです。

この自動車は半年前に約70万で購入したのです。計算したくもありませんが、半年で50万円も失ったことになります。これはさすがに安いのではないかと思い、前に車買い取りを依頼したこともある有名な買い取り専門店に査定してもらいました。査定の結果としては、26万円で買い取ってもらうことになりました。複数業者の査定では6万もの差が出たのです。

それでも44万円目減りしたことには違いはないのですが、2社目で査定してもらってなければ、それ以上に安く売ることになったかもと思うとまだ助かったと言えます。

そのまま買い取ってもらうつもりでありましたが、業者さんとの意思疎通が図れていなくて、クルマを持って帰るような準備をしていなかったようです。ですので、後日の引き取り時に輸送代を取られてしまいました。もしも売却するつもりならば、最初に言っておくべきだったと反省点として挙げておきます。次に利用する時は、そういったことにも気を付けようと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/08/12 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車売却で一番高く売るには一括査定 All rights reserved.