個人 車売る|今回は乗換ではなくて

今まで使わせてもらった車を手放す時というのはいずれきます。なんだか切ない気分にもなり、だけども次に乗ることになる車が楽しみという気分でもあるでしょう。セカンドカーのように使っていた軽自動車を手放す事になり、今回は乗換ではなくて所有台数を減らして経費の節約を図るというのが目的だったので、クルマの買い取り専門店に見積もりを出してもらうようにしました。新車で買ったので、最初の車検を通してから1年経過、つまり新車登録から4年経過です。走った距離は約4万キロ、1年で1万キロ走行ですから、よく走っているとは思いますが、多いわけでもありません。自動車の査定は2社に絞ってお願いし、全て出張査定でお願いしています。このような査定料は無料でした。

誰でも車を売るとなれば、少しでも査定金額の高い会社に売却したいものです。ただ素人の私にはこの車の査定相場がわかりませんので、複数の専門店に一括見積りをお願いし、査定額をそれぞれ見積もってもらい比較してみることにしました。

始めに来た業者は、担当者がクルマの状況を確認してからノートパソコンを持ち出して、チェック項目に入力していってデータ通信されていました。査定結果は70万円でした。希望していた額は80万以上でしたので、それを伝えると社長に聞いてみるので明日返事するとのことでした。

その後もう1社の方が査定に来ましたが、67万という金額でした。昨日の査定が70万円だった事、こちらの希望は80万円ということを伝えましたが、なかなか難しそうな感じで白旗を挙げられてしまいます。そんなこんなと時間が過ぎたころ先に査定してくれたスタッフさんから、78万でどう?と連絡が来ましたので、喜んでOK出しました。

個人 車売る|ボディの輝きが気になるときは

前に乗っていた車は、ボンネットが白い感じがしました。ボディの色は暗めの色でしたが、その白っぽさが影響しているのかやけにボロボロな車に感じるのです。クルマを洗ってみましたが査定に持って行った所、ボンネットのところの色が査定額に影響すると聞きました。

カーショップのようなところに行ってボディの色を戻せるものはないかなと探していたら、簡単に艶を出す事が出来るアイテムを見つけました。さっそく気になるところをやってみたところ、ボディはとてもきれいになりました。親父からは新しく車を買ったのかと言われるくらいの仕上がりでした。

再度車買い取りの為の査定をしてもらったところ、前回よりも金額がアップしました。古めの車なのでどうなるのか不安でしたが、想像以上に高く評価されました。勿論ボディの色に関しては何か言われることもありませんでした。白くなりかけていたところも前の色に戻すこともできたし、より一層つややかにする事ができたのが何よりよかったです。車買い取りを依頼する時には、車の艶を出しておくなど綺麗にしておく事をお勧めします。ボディの輝きが気になるときは、艶出しワックスなどでメンテしておくと査定額が上がるかもしれません。査定額のアップとつややかにするためのアイテムの費用とを考えてみて、オトクになるようであればきれいにするのも良いでしょう。私の場合は1000円弱の出費によって、一括で見ても査定はそれ以上アップしました。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/06/26 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車売却で一番高く売るには一括査定 All rights reserved.