車下取りとは|乗っている車の相場がまったく判らないので

長年使用した自動車を手放す日はいつか来ます。とても悲しい気分になり、だけども次に乗ることになる車が楽しみでもありという気分でしょう。セカンドカーとして所有していた軽を売ることになり、今回は入れ替えではなくて所有台数を減らして経費の節約を図るというのが目的ともいえますので、中古車買い取りを専門としている業者に見積もりを出してもらうようにしました。

新車で買ったので、初回の車検をやってから1年だから、新車登録から約4年です。4万キロの走行距離で、年1万キロペースなので、走行距離としては、平均的だと思います。自動車の査定は2つの業者にお願いし、来てもらって査定してもらいました。査定料は無料です。車を買い取ってもらうなら、高額の査定をしてくれるところに売りたいですよね。ですが素人には乗っている車の相場がまったく判らないので、2社に依頼し、それぞれの査定見積もりを比べてみたいなと思いました。

最初に来てもらった会社は、査定担当者が一通り自動車の状況を見てからタブレット端末で、いくつか入力してから通信をしていたようです。査定結果は70万ちょっと。私の希望は80万くらいだったので、その旨を伝えると本社と交渉するので1日待ってほしいとの事です。

その後もう1社の方が査定に来ましたが、66万円という査定額でした。別会社の査定額が高かったこと、希望が80万円である事を伝えると、当社ではとても難し額ですとバンザイされてしまいました。それからしばらくして最初に査定してもらったところから、78万でどう?と連絡が来ましたので、そちらで買ってもらうことにしました。

車下取りとは|どう出るかと思いましたが

前に乗っていたのは、ボンネットがなぜか白くなっていました。濃い色の車だったのですが、その白い部分が際立ってしまいオンボロ車のように感じるのです。クルマを洗ってみましたが買い取り査定してもらうと、やはりボンネットのあの部分が買い取り査定額に影響を与えるという事を聞きました。

カーショップのようなところに行って何とかボディの色を戻せるものはないかなと探していたら、簡単に艶を出す事が出来る商品を見つけました。すぐにそれを使ってみたところ、とても綺麗になりました。それを見た人から新しく車を買ったのかと言われた程です。もう一回無料査定を受けたところ、前回とは見違えるくらいアップです。古めの車なのでどう出るかと思いましたが、希望よりも高く評価されたので良かったです。勿論ボディの色に関しては特に指摘もありませんでした。白く感じたボンネットも周りに同化できているし、より一層艶やかな感じにすることが出来たのが良かったようです。

車買い取りを依頼する時には、車の艶を出しておくなど綺麗にしておかないといけませんね。ボディカラーが気になる場合は、ワックスで磨いておくだけでも査定額に変化が出る事も有ります。査定価格の上昇と艶出しの為のアイテムの費用とを比較してみて、お得と感じたらやってみるのもアリです。1000円程度のワックスで、数万円の差が出るならいいですよね。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/10/17 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車売却で一番高く売るには一括査定 All rights reserved.