車下取り 傷|30~76万まで

新型の登場とともに、旧型の愛車を売却しようと思っていました。載っていた車はディーラーに下取りに出す予定でしたが、想像以上に安い査定額となり、車買い取り業者と比較しても15万円も安い金額になっています。今まで買い取り業者とかは利用しようとも思いませんでしたが、相場を知ろうと査定比較サイトを活用して下取りと比べたとき、その価格差に驚いたものです。結局ディーラーへの下取りはしないことにして、買い取り専門業者に売ることになりました。

車一括査定サイトで差を見てみたところ、査定額に2.5倍もの開きが生じました。6つの業者で査定してもらいましたが、30~76万まで査定額にバラつきがありました。最初は76万の業者に売却することを考えましたが、買い取りサイトを参照すると複数の業者に訪問見積もりを受けたほうがいいと書かれていたのです。複数社で見積もりを出してもらう理由は、実際に観てもらうことて、本当の査定額がわかるからだそうです。ネット上でも概算額はわかりますが、参考にはなりますが確定額ではありません。そこで3社に出張依頼をして、来ていただきました。

査定の時間は1時間くらいと言われていたので、集中的に出来る日に査定をお願いしました。査定の結果、サイトで見た査定額2位のお店が1位の業者さんを上回り、一番高い金額を提示してくれました。ネットでは70万を切った査定額だったのですが、それ以上の業者が存在したことを匂わしてみると、78万円まで増額してくれたのです。

車下取り 傷|かなり高く買ってもらえたのです

珍しいクルマを買い取りに出したら、予想以上の高値で買ってもらえました。思った以上でかなり高く買ってもらえたのです。よく見かける車や人気の車が高値と思っていたのです。

ネットで調べてみたところ、そこの情報では想像できなかったですが、珍しい車は高値で買い取ってくれるとありました。そのサイト以外では、よく見かけるような車や人気の車種が高く買い取ってもらえるそうです。但しその理由は海外に向けての話のようでした。

国産メーカーの自動車は海外では人気が高いです。日本人が使用していたからもあり、ものを大切にする習慣も関係あるのではないでしょうか。私の考えも、日本の中古車は世界一と信頼を置いています。今回の車買い取りを依頼したのも国産メーカーの車ですが、もしかして外国で使ってもらえるのかもと思ってみるとワクワクした気持ちになりました。もちろん海外でなくても使用してもらえるのなら嬉しいです。

車を売るときは、乗ってきた車を手放す寂しさもあるのですが、買い取り額がいくらになるのかや次の運転手を思い浮かべるのも好きです。できるのならどなたに譲られたのか知りたいです。そして今どこで活躍していて、どんな場所で毎日いるのかなど、手放しても思い浮かぶことがあります。

もしかして外国かもしれませんが、何れにせよ可愛がっていた車なのです。車を渡す時にはクルマを買いたいと思うお客さんがいて、需要と供給がバランスよくなっているのでしょう。

平和な日本では、今後も良質な中古車が求める方々に譲られて行くでしょう。買い取りしてもらっただけですが、考えることも多い出来事でした。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/08/14 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車売却で一番高く売るには一括査定 All rights reserved.