車下取り 売却|白旗を挙げられてしまいます

長いこと使ったクルマを手放す時というのはいずれきます。もの悲しい気分にもなり、でも次の車が楽しくてたまらない気分でもあるでしょう。たまに使っていた軽自動車を手放す事になり、乗り換えるのではなく車の台数を減らすことでコストを減らそうというのが目的ともいえますので、買い取り業者にだけ買い取りの見積もりをお願いしました。新車で購入しましたので、最初の車検を通してから1年経過、新車登録から約4年です。走行距離数は4万キロ、年1万キロペースなので、特に多いわけでもありませんし、多いわけでもありません。クルマの買い取り査定は2つの業者にお願いし、出張での査定をお願いしました。このような査定料は無料でした。

どなたでも車を買取ってもらうときには、少しでも高い査定会社に売りたいものです。ですが私には今の車の査定相場がわかりませんので、2社に依頼し、査定額をそれぞれ見積もってもらい比べてみることにしました。

最初に来てもらった会社は、査定担当者が一通り自動車の状況を見てから持ってきたパソコンで、いろいろな項目に入力しデータ通信されていました。査定価格は71万でした。希望していた額は80万以上でしたので、その旨を伝えると上司に相談するのでチョット待ってほしいといわれました。

次に査定をしに別の会社の方が来ましたが、68万円という金額を提示されました。他業者では70万あったこと、希望額は80万と言ってみましたが、当社ではかなり厳しいと白旗を挙げられてしまいます。その直後にタイミングよく最初の査定をしてくれた人から、78万なら出せますと連絡がありましたので、そちらで買ってもらうことにしました。

車下取り 売却|自動車の買い取りを利用する前には

以前乗っていた車は、ボンネット部分が白い感じがしました。濃い色のボディの車だったのですが、その白さが目立って安っぽい感じの車に感じるのです。クルマを洗ってみましたが査定に持って行った所、ボンネットの白さが買い取り査定額に影響があるようです。

カーショップのようなところに行って目立っている白い部分を戻す事は出来ないか見ていた所、ボディの艶を出すようなグッズを見つけることができました。気になっていたあの部分に塗ったところ、とてもピカピカになったのです。親父からはプロにやってもらったのかと言われた程です。

再び買い取りのための査定に出したところ、前回よりはるかに高額になりました。年式の古いクルマだったのでどんな結果になるのか心配でしたが、考えていたよりも高く評価されました。勿論ボディの色に関しては影響はなかったようです。白くなりかけていたところも周りの色に馴染ませられたし、より一層つややかにする事ができたのが嬉しかったです。

自動車の買い取りを利用する前には、車の艶を出しておくなど綺麗にしておく事をお勧めします。ボディに白っぽさを感じたら、ワックスで磨いておくだけでも査定見積もり額にも影響あると思います。査定金額のアップとピカピカにするためのグッズ代と手間を計算してみて、オトクになるようであればきれいにするのも良いでしょう。千円くらいの出費があっても、査定額は数万円アップしました。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/08/13 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車売却で一番高く売るには一括査定 All rights reserved.