車下取り 情報|データ通信しています

長年使用した自動車を手放すことになる日は必ず来ます。もの悲しい気分にもなり、でも次の車が楽しみな気分でもあったりします。セカンドカーのように使っていた軽自動車を売却することになり、乗り換えるのではなく所有台数を抑えて経費節減をするというのが目的でもあったので、買い取り専門店にだけ見積もりをしてもらいました。

新車で購入し、49か月目ですから、つまり新車登録から4年経過です。走行距離は50,000キロ弱、年間で言えば1万くらいなので、走行距離としては、平均的だと思います。自動車の査定は1社では不安なので2社にお願いし、来てもらって査定してもらいました。査定料は無料です。

自動車を買取ってもらうならだれでも、少しでも高く見積もってくれるところに売却したいものです。ですが素人には乗っている車の買い取り相場が分からないので、今回2つの会社にお願いし、それぞれ査定額を出してもらい比較することにしました。

最初に来た買い取り会社は、担当者がクルマの状況を確認してから持ってきたパソコンで、ソフトに入力していってデータ通信しています。査定結果は70万円でした。私の希望は80万くらいだったので、そのようにハッキリと伝えたら本社の許可がいるので帰ってから返事をするとのことです。翌日に違う会社の方が査定に来ましたが、査定額は68万となりました。別会社の査定額が高かったこと、こちらの希望は80万円ということを伝えましたが、なかなか難しそうな感じで苦笑いしていました。その直後にタイミングよく最初に査定してもらったところから、78万なら出せますと連絡がありましたので、OKを出しました。

車下取り 情報|再度買い取りしてもらうための

前に使っていた自動車は、ボンネットの一部分が白い感じがしました。濃い色のボディの車だったのですが、白い部分が妙に目だちボロボロの中古車に見えてしまうのです。洗車をしてから査定してもらいに伺ったところ、ボンネットの白さが査定額に影響すると聞きました。

ならばとカーショップに行ってボンネットの白色を戻す事は出来ないか見ていた所、ボディに艶が出るような商品を見つけました。気になっていたあの部分に塗ったところ、とても綺麗になりました。隣のおじさんには新車にしたのかと言わせるほどです。

再度買い取りしてもらうための査定に出したところ、思いのほか高額査定となりました。年式の古いクルマだったのでどうなるのか不安でしたが、希望よりも高く評価されたので良かったです。気になっていた部分も何か言われることもありませんでした。白くなりかけていたところも元々の色に戻す事が出来、より一層艶やかな感じにすることが出来たのが良かったようです。

クルマの査定を受ける前には、車の艶を出しておくなど綺麗にしておかないといけませんね。ボディの輝きが気になるときは、ワックスを使って綺麗にするだけでも査定額が上がるかもしれません。査定見積もり額のアップと艶出しの為のグッズ代と手間を良く比較してみて、お得と感じたらキレイにするのもありですね。千円くらいの出費があっても、一括で見ても査定はそれ以上アップしました。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/10/17 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車売却で一番高く売るには一括査定 All rights reserved.
査定比較.com