車下取り 相場|見積もりを出してもらうようにしました

今まで使わせてもらった車を手放す日はいつか来ます。とても悲しい気分になり、でも次の車が楽しみでもありという気分でしょう。セカンドカーだった自動車を売却することになり、今回は買い替えせずに所有台数を減らして経費を抑えておこうというのが目標だったので、クルマの買い取り専門店に見積もりを出してもらうようにしました。

新車で購入し、最初の車検を通してから1年経過、つまり初回登録から4年経過です。4万キロの走行距離で、1年で1万キロ走行ですから、よく走っているとは思いますが、平均的な走行距離です。自動車の査定は2業者にお願いし、すべて出張査定を依頼しました。査定料は無料です。

自動車を買取ってもらうならだれでも、少しでも高く見積もってくれるところに売りたいと思うと思います。ですが私には乗っている車の相場というのが判らないので、複数の専門店に一括見積りをお願いし、見積もりを出してもらい比べてみることにしました。

最初に来てくれた買い取り業者は、スタッフさんが車の状況を確認してからパソコンを持ち出して、色々と入力しネット通信していました。査定価格は71万でした。こちらの希望額は80万ですから、そのように伝えてみると会社の承認がいるので1日待ってほしいとの事です。その後もう1社の方が査定に来ましたが、68万円という金額を提示されました。昨日の査定が70万円だった事、希望額と10万以上離れているといってみましたが、当社ではかなり厳しいとバンザイされてしまいました。その直後にタイミングよく最初に査定をお願いした会社から、78万でどう?と連絡が来ましたので、そちらで買ってもらうことにしました。

車下取り 相場|これ以外のサイトには

あまり出回っていない珍車を売却したら、思わぬ価格で買い取って貰えました。思った以上で高額査定にはビックリです。認知度が高いクルマや人気のあった車が高くなると思っていたのですが。ネットでチェックしたところ、そこの情報ではその予測に反した通りで、珍しいクルマは高く買い取るとありました。これ以外のサイトには、みんなが知っているクルマや人気の車種が高く買い取ってもらえるとありました。ただそれは海外向けとのことでした。

今日本の車は海外で喜ばれます。日本人特有の、物を大切に取り扱う習慣も影響しているようです。日本人の私は、日本の自動車は世界レベルと絶大な信頼を置いています。

今回の買い取り依頼した車も日本のメーカーですが、もしかして外国で使ってもらえるのかもと思ってみるとワクワクした気持ちになりました。もちろん国内で利用されるのであればうれしいですね。車を売るときは、慣れ親しんだクルマを手放すときの寂しさがありますが、買い取り額がいくらになるのかや次の乗り手をイメージする楽しさがありますね。もしも可能ならどなたに譲られたのか知りたいです。今どこで走っているのか、どんな所で普段待機しているのかなど、手放しても思い浮かぶことがあります。もしかして外国かもしれませんが、いづれにせよ大切な記憶がぶり返してきます。クルマを引き渡すときにはクルマを買いたいとする次のオーナーもいて、需要と供給がバランスよくなっているんだなと思いました。この日本において、これからも質の良いクルマたちが必要としている人に渡っていくでしょう。クルマの買い取りでしたが、色々なことを学んだ出来事でした。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/08/15 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車売却で一番高く売るには一括査定 All rights reserved.