車売る クルサテ|そこがどこであれ

あまり出回っていない珍車を売却したら、かなりの高額で買い取って貰えました。思っていたよりもかなり高額で売れたのです。認知度が高いクルマや人気のある車が高いものと思っていました。

ネットで確認したところ、そこにある情報では予想に反して、珍しい車は高値で買い取るとありました。そのサイト以外では、みんなが知っているクルマや人気車種が高値で売却できるとあったのです。それは国内ではなく海外向けとのことでした。

今日本の車は海外で特に高い需要があります。日本人特有の、丁寧に乗っているだろうということもその理由のようです。私が思うに、日本の中古車は世界一と信頼を置いています。今回売却したクルマも日本のメーカーですが、この車も外国で使ってもらえるのかもしれないと考えるとドキドキした気持ちになります。それが国内であっても使用してもらえるのなら嬉しいです。

車を売るときは、そのクルマを失う悲しさもありますが、買い取り価格のことや次の運転手を思い浮かべるのも好きです。もしも可能なら誰が使っているのか知りたいです。そして今どこで活躍していて、どんな場所で毎日いるのかなど、手放しても思い浮かぶことがあります。

もしかして外国かもしれませんが、そこがどこであれ可愛がっていた車なのです。車を売り渡すときにはクルマを買いたいとするお客さんが来ていて、売りたい人と買いたい人のバランスが取れているんだなと思いました。

日本では、今後も自動車が必要な人たちに利用されていくのでしょう。買い取りを通じて、色々なことを学んだ出来事でした。

車売る クルサテ|来てもらって査定してもらいました

長いこと使ったクルマを売ってしまうときが来ます。寂しい気持ちになり、だけども次に乗ることになる車が楽しみな気分でもあったりします。たまに使っていた自動車を売ることになり、今回は入れ替えではなくて所有する車の台数を減らして経費の節約を図るというのが目的だったので、クルマの買い取り専門店に買い取りの見積もりをお願いしました。新車で購入しましたので、最初の車検を通してから1年経過、つまり新車登録から4年経過です。走行距離はだいたい40000キロ、1年で割れば10,000キロ程度ですから、過走行車でもありませんし、平均的だと思います。クルマの買い取り査定は2業者にお願いし、来てもらって査定してもらいました。査定料はもちろん無料です。

自動車を買取ってもらうならだれでも、少しでも高い査定会社に売りたいものです。ですが私のような素人には乗っている車の相場がまったく判らないので、2社に依頼し、それぞれに買い取り額を出してもらい比較することにしました。

最初に来てもらった会社は、スタッフさんが車の状況を確認してからタブレット端末で、ソフトに入力していってデータ通信しています。結果は71万円と言われました。私の希望は80万くらいだったので、そのように伝えてみると本社と交渉するので帰ってから返事をするとのことです。次に査定をしに別の会社の方が来ましたが、66万円という査定額でした。別会社の査定額が高かったこと、希望が80万円である事を伝えると、当社ではかなり厳しいと苦笑いしていました。それからしばらくして最初の査定をしてくれた人から、78万円でどうですかと連絡が来たので、OKを出しました。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/10/18 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車売却で一番高く売るには一括査定 All rights reserved.