車売る 年式|別途輸送費がかかってしまいました

売却した車は少し前に中古で買った車でした。ずっとスポーツカーに乗りたいと思っていたのですが、新車では高くて手が出ません。そのため良質の中古車を探していたところ、職場の近くにある中古車販売店にあったのです。

ところが、喜んで乗っていたのですが、次々とトラブルに見舞われ、わずか半年で買い替えを考えました。家の近くの自動車買い取り業者に無料査定をお願いしましたところ、よくて20万とのことです。

私は約6ヶ月前にこの車を約70万で購入したのです。これを計算すると、6カ月で50万円も失ったことになります。これはさすがに安いのではないかと思い、友人が売っていた人気の買い取り業者に査定してもらいました。その結果、26万円となり引き取ってもらうことができたのです。比較した査定をすることで6万円の差になったみたいです。

それでも44万減った事実に違いはないのですが、別の業者で査定をしなければ、6万円損した感じで手放すことになっていた可能性もあっただけにまだ助かったと言えます。

そのまま持って行ってもらうつもりだったのですが、査定のみのつもりだったみたいで、車をもっていくような考えではなかったようです。ですので、後日来られる際に別途輸送費がかかってしまいました。もしも買い取りをしてもらうつもりなら、はじめからそう言っておけば良かったと思い直しています。次回があれば、そのあたりも忘れないようにします。

車売る 年式|約1時間と聞かされていましたので

新型の発売に合わせて、所有している自動車を売ろうと思っていました。当初は購入したディーラーに下取りに出す予定でしたが、思いのほか安かったし、車査定買者とくらべてみても15万くらい安くなっていました。

これまでもディーラーの下取りしか利用したことがありませんが、初めて査定比較サイトを活用してみて、その価格差に驚いたものです。結局下取りはしないことにして、専門の買い取り業者に売ることになりました。

車一括査定サイトで比較してみたところ、査定金額の差が大きいことが判りました。いくつかの買い取り業者で見てもらったのですが、30万から76万まで金額にバラつきがあったのです。最初は76万の業者にお願いすることも考えましたが、このサイトには2-3社には立会で見積もりをしてもらったほうがいいと記載されていました。3社で相見積もりを取る理由は、目視による査定をしてもらうことで、査定額がハッキリとわかるからだそうです。サイトでの評価額は判りますが、参考値でしかなく確定額ではありません。そこで3社に出張依頼をして、自宅まで来てもらうことにしたのです。査定に必要な時間は約1時間と聞かされていましたので、土曜か日曜にまとめて査定を受けることにしました。目視での査定の結果、ネットで表示された査定額2位の査定士さんが1位の業者を逆転して、最高の査定額を提示してきました。ネットでは70万を切った金額でしたが、76万を提示してくれた業者が存在することを知らせると、78万弱までアップしてくれました。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/08/12 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車売却で一番高く売るには一括査定 All rights reserved.