車売る 必要|多いわけでもありません

長いこと使ったクルマを手放さないといけない時があります。寂しい気持ちになり、そして次のクルマが楽しみでもありという気分でしょう。セカンドカーのように使っていた軽自動車を売却することになり、今回は乗換ではなくて所有台数を減らして経費節減をするというのが目標だったので、中古車買い取り店にだけ見積もりを出してもらうようにしました。

この車は新車で購入し、車検を1回と1年だから、つまり初回登録から4年経過です。走った距離は約4万キロ、1年で割れば10,000キロ程度ですから、特に多いわけでもありませんし、多いわけでもありません。クルマの買い取り査定は2社にお願いし、来てもらって査定してもらいました。査定料はもちろん無料です。

誰でも車を売るとなれば、少しでも査定金額の高い会社に売りたいものです。ですが私のような素人には自分の乗っていた自動車の買い取り相場が分からないので、2社に依頼し、それぞれの査定見積もりを比較してみようと思いました。最初に来てもらった会社は、スタッフさんが車の状況を確認してからノート型のパソコンを使って、いくつか入力してから通信をしていたようです。査定価格は71万でした。こちらの希望価格が80万だったので、そのようにハッキリと伝えたら会社の承認がいるので1日待ってほしいとの事です。

翌日別の会社の方が買い取り査定に来て、67万という金額でした。他では70万以上の査定額だったこと、希望額は80万と言ってみましたが、かなり厳しい金額だと苦笑いしていました。その直後にタイミングよく最初に査定してもらったところから、78万なら出せますと連絡がありましたので、喜んでOK出しました。

車売る 必要|それを見た人から

前に乗っていた車は、ボンネットのところが白い感じがしました。ボディの色は暗めの色でしたが、その白っぽさが影響しているのか安っぽい感じの車に見えてしまいます。一応洗車をして査定に持って行った所、やはりボンネットの白さが査定価格に影響すると聞きました。

ショップに行ってボンネットの白色を戻す方法はないか見ていたら、簡単に艶を出す事が出来るアイテムを見つけました。気になっていたあの部分に塗ったところ、とても綺麗になりました。それを見た人から新しく車を買ったのかと言われるくらいの仕上がりでした。

再度買い取りしてもらうための査定に出したところ、前回よりはるかに高額になりました。古いものでもありましたからどう出るかと思いましたが、想像以上に高く見てもらえたので嬉しかったです。無論色についても影響はなかったようです。白くなりかけていたところも周りの色に馴染ませられたし、これまでよりもそれ以上につややかにする事が出来たから良かったのかなと思います。

クルマの査定を受ける前には、ボディを磨いておくなど綺麗にしておきたいですね。ボディの艶がないときなどは、艶出しワックスなどでメンテしておくと相場以上の査定になるかもしれません。査定価格の上昇と輝きを出すためのワックスなどの費用とを比較してみて、オトクになるようであればやってみましょう。私の場合は1000円弱の出費によって、査定額は数万円アップしました。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/06/29 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車売却で一番高く売るには一括査定 All rights reserved.