車売却時期|今回2つの会社にお願いし

長い年月使用した車を売ってしまうときが来ます。とても悲しい気分になり、次に乗る車が楽しみという気分でもあるでしょう。セカンドカーだった自動車を売ることになり、今回は買い替えせずに所有台数を抑えてコストを減らそうというのが目的でもあったので、買い取り専門店にだけ買い取りの見積もりをお願いしました。

新車で購入しましたので、49か月目ですから、つまり初回登録から4年経過です。走行距離はだいたい40000キロ、年間1万キロ程度なので、走行距離としては、普通の走行距離だと思います。車の買い取り見積もりは2社にお願いし、出張査定してもらいました。出張査定でも無料でした。

車を買い取ってもらうなら、高額の査定をしてくれるところにお願いしたいと思うでしょう。ですが私には自分が乗っている自動車の相場というのが判らないので、今回2つの会社にお願いし、それぞれに買い取り額を出してもらい比較することにしました。始めに来た業者は、査定担当者が自動車を見てからタブレット端末で、色々と入力しデータ通信しています。査定結果は70万ちょっと。希望していた額は80万以上でしたので、その旨を伝えると会社の承認がいるので明日返事するとのことでした。

次に査定をしに別の会社の方が来ましたが、67万という金額でした。別会社の査定額が高かったこと、希望が80万円である事を伝えると、うちではその額は難しいと苦笑いしていました。その直後にタイミングよく先に査定してもらった業者から、78万円でどうですかと連絡が来たので、そこで決めました。

車売却時期|海外向けとのことでした

珍しいクルマを買い取りに出したら、想像以上の価格で買い取ってくれました。相場よりもかなり高く売却できました。馴染みの深い車や人気の車種が高いものと思っていました。ネットで確認したところ、そこにある情報ではその通りで、珍しい自動車は高値が付きやすく売れやすいと書いてありました。そのサイト以外では、認知度が高い車や人気の車種が高く売れやすいとありました。それは海外向けとのことでした。今日本の車は海外では人気が高いです。日本人特有の、ものを大切にする習慣も関係あるのではないでしょうか。私は日本で生まれましたが、日本の車は世界一と信頼を置いています。

今回売却したクルマも国産車ですが、想像すると外国で使ってもらえるのかもと思ってみると夢が膨らみます。もちろん国内で利用されるのであればうれしいですね。

クルマを売ってしまうときは、乗ってきた車を手放す悲しさもありますが、高く売れないかやこの車を次に乗る人を想像する楽しさがあります。できるのなら誰が買ったのか知りたいと思います。どこでどんな使い方をされて、どんな場所で毎日いるのかなど、手放しても思い浮かぶことがあります。

もしかして外国かもしれませんが、そこがどこであれ可愛がっていた車なのです。自動車を手放すときにはクルマを売りたいとするお客さんが来ていて、買いと売りがバランスよくなっているのでしょう。

素敵な日本で、これからもまだ使える車が求める方々に譲られて行くでしょう。今回の買い取り見積もりを通じて、考えることも多い出来事でした。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/10/17 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車売却で一番高く売るには一括査定 All rights reserved.