車売却 印鑑証明 何通|ノート型のパソコンを使って

長い年月使用した車を手放す時というのはいずれきます。もの悲しい気分にもなり、だけども次に乗ることになる車がやってくる楽しみも重なる気分でしょう。セカンドカーだった自動車を売ることになり、乗り換えるのではなく台数をへらしてコストを減らそうというのが目的でもあったので、クルマの買い取り専門店に見積もり査定をお願いしました。

新車で購入し、車検を1回と1年だから、新車登録から約4年です。4万キロの走行距離で、年間で言えば1万くらいなので、過走行車でもありませんし、多いわけでもありません。クルマの買い取り査定は2業者にお願いし、出張での査定をお願いしました。査定料は無料です。

自動車を買取ってもらうならだれでも、高額の査定をしてくれるところに売りたいと思うと思います。ですが素人には自分の乗っていた自動車の買い取り相場というのが分からないので、2社に一括でお願いし、見積もりを出してもらい比較してみようと思いました。

最初に来た買い取り会社は、査定担当者が自動車を見てからノート型のパソコンを使って、チェック項目に入力していってデータ通信しています。査定結果は70万ちょっと。私の希望は80万くらいだったので、それをスタッフさんに伝えると上司に相談するのでチョット待ってほしいといわれました。

もう1社の方も来て査定していってくれましたが、67万という金額でした。他では70万以上の査定額だったこと、私の希望額は80万と伝えてみたけど、うちではその額は難しいと白旗を挙げられてしまいます。それからしばらくして先に査定してくれたスタッフさんから、78万なら出せますと連絡がありましたので、そこで決めました。

車売却 印鑑証明 何通|輸送賃がかかってしまいました

今回売却した自動車は昨年夏に買ったセコハンです。ずっとスポーツカーに憧れていたのですが、新車は手が届くレベルではありません。そこで質の良い中古車を探していたところ、遠方にある知り合いの中古自動車販売店で見つけました。しかしその後、喜んで乗っていたのですが、立て続けにトラブルが発生し、とうとう半年で売ってしまうことになりました。まずは近隣のクルマ買い取り専門店に無料査定をお願いしましたところ、最大限頑張っても20万円が相場だそうです。

私は約6ヶ月前にこの車を購入したとき70万円支払いました。単純計算では、約50万円を半年で消化してしまったことになります。いくらなんでも安すぎでしょうと思い、少し前に買い取りしてもらった有名な買い取り業者に査定の依頼をしました。査定の結果としては、26万となりましたので買い取ってもらうことができました。複数業者の査定では6万もの差が出たのです。

それでも44万円目減りしたことには変わりはありませんが、複数社に査定してもらわなければ、さらに6万円も安く売ることになったかもと思うと助けられたとも言えます。

この状態で持っていくつもりになっていましたが、業者さんとの意思疎通が図れていなくて、クルマを引き取るような考えではなかったようです。そんなこともあり、後日取りに来てもらうため輸送賃がかかってしまいました。もしも売るつもりならば、最初に言っておくべきだったと後悔しています。次回があれば、そのあたりも注意したいと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/12/11 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車売却で一番高く売るには一括査定 All rights reserved.
査定比較.com