車売却 基礎知識|そのまま買い取ってもらう

今回売却した自動車は昨年夏に買ったセコハンです。ずっとスポーツタイプの車に乗りたいと思っていたのですが、新車では高くて手が出ません。そこで良い中古車はないかと探していたところ、遠方にある知り合いの中古車販売店で良い車を見つけました。

しかしその後、喜んで乗っていたのですが、次々とトラブルに見舞われ、わずか半年にも満たないほどで手放したくなりました。近くにあるクルマ買い取り専門店に持ち込み査定してもらったら、よくて20万が上限とのことです。私はこの車を半年前に70万円で購入しました。この状況を端的に言えば、半年で50万円も消化してしまったことになります。さすがに安すぎでしょうと思い、友人が売っていた知名度のある買い取り店に査定してもらいました。その結果、26万円までアップし買い取ってもらうことになりました。比較した査定をすることで6万もの差が出たのです。

それでも44万円目減りしたことには違いはないのですが、2社で査定しなかったら、6万円低い額で手放すことになったかもと思うと助かったともいえます。

そのまま買い取ってもらうと思っていましたが、業者さんは査定のみと考えていたようで、クルマを引き取るような考えではなかったようです。そんなこともあり、後日の引き取り時に輸送費を引かれてしまいました。本当に売ってしまおうと考えているのなら、はじめからそう言っておけば良かったと後悔しています。今度買い取ってもらう時は、そのあたりも忘れないようにします。

車売却 基礎知識|海外輸出向けみたいですね

珍しいクルマを売りに出したら、想像以上の価格で買い取って貰えました。考えていた以上でかなり高く買ってもらえたのです。みんなが知っている車や人気の車が高値と思っていたのです。ネットで確認したところ、そこにある情報では想像できなかったですが、珍しいクルマは高く買い取ってくれやすいとありました。しかしある情報では予測通り、みんなが知っているクルマや人気車種が高値で売却できるとあったのです。それは海外輸出向けみたいですね。

今日本の車は海外で特に高い需要があります。日本人が乗っていたという事で、丁寧に乗っているだろうということも影響しているのでしょう。私が思うに、日本の車は世界一と絶大な信頼を置いています。

今回売却したクルマも国産メーカーの車ですが、もしかして海外で使って貰えるのかもと思ってみると夢が膨らみます。もちろん海外でなくても使って貰っても嬉しいです。

自動車を買い取ってもらうときは、慣れ親しんだクルマを手放す寂しさもあるのですが、買い取り額がいくらになるのかや新たなオーナーをイメージする楽しさがありますね。可能ならどなたに譲られたのか知りたいです。今どこで走っていて、どこにいるのかなど、考えるとワクワクします。

どこにあるのかわかりませんが、どこにせよ大切な記憶がぶり返してきます。クルマを引き渡すときには中古車を買いたいとするお客さんもいて、欲しいと不要がバランスよく取れているんだなと思いました。

素敵な日本で、今後も自動車が必要としている人に渡っていくでしょう。今回の買い取り見積もりを通じて、色々と楽しめたと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/06/29 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車売却で一番高く売るには一括査定 All rights reserved.