車売却 必要書類|そんなわけで下取りは

お気に入りの車種の新モデルと同時に、今のクルマを売ろうと思っていました。買い替え時にディーラーで下取ってもらう予定でしたが、思いのほか安かったし、買い取り業者と比べると15万くらい安くなるところでした。

今までは下取りしか利用したことはなかったですが、初めて査定比較サイトを利用して見たところ、その金額差におどろきました。そんなわけで下取りは依頼しないことが決定し、車買い取り業者に売却しました。

クルマ買い取りのサイトで比較検討したところ、査定額に2.5倍もの開きが生じました。複数の業者で査定を受けましたが、31万円から76万円まで査定額にバラつきがありました。当初は最高額の業者さんにお願いすることも考えましたが、このサイトには3社程度は出張見積りを受けたほうが良いと書かれていたのです。複数社で見積もりを出してもらう理由は、査定士さんが目視することで、査定額がハッキリと判るからです。ネット上でも概算額はわかりますが、目安でしかなく詳細額ではありません。早速複数の買い取り店に連絡を取り、来てもらったのです。売却手続きまで含めて1時間もあればとのことでしたから、土曜か日曜にまとめて査定を受けることにしました。査定見積もりの結果、ネットで表示された査定額2位の買い取り業者が1位の査定額を抜いて、最高額の金額を出してくれました。比較サイトでは70万未満の金額だったのですが、76万円の業者が存在することを知らせると、78万円まで増額してくれたのです。

車売却 必要書類|昨年末に中古で買ったクルマです

今回売却した自動車は昨年末に中古で買ったクルマです。ずっとスポーツカーに憧れていたのですが、新車では高くて手が出ません。そのため中古で良質な車を探していたところ、少し離れたところにある中古車販売店で良い車を見つけました。ところが、喜びもつかの間、トラブルが次々発生し、とうとう半年で売却することにしました。まずは近隣の車買い取り業者に無料査定をお願いしましたところ、よくて20万とのことです。このクルマを私は6カ月前に約70万で購入したのです。単純計算では、半年で50万円も財産が目減りしたことになります。これでは納得できないので、知り合いが売却していた有名な買い取り業者に査定してもらったのです。査定の結果としては、26万円となり引き取ってもらうことができました。比較した査定をすることで6万もの差が出たのです。

それでも44万円減ったことには変わりはありませんが、2社で査定しなかったら、さらに6万以上安く売ってしまうことになっていた可能性もあっただけに助かったともいえます。この状態で持っていくつもりでしたが、査定のみのつもりだったみたいで、車をもっていくような段取りはされていませんでした。そのため、後日来られたときには輸送費を引かれてしまいました。もしも売却するつもりならば、最初から伝えておくべきだったなと反省点として挙げておきます。次回があれば、そのことも覚えておこうと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/06/26 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車売却で一番高く売るには一括査定 All rights reserved.