車売却 注意|査定額に2.5倍もの開きが生じました

新モデルの登場と時期を合わせて、所有している自動車を乗換のため売却しようと思っていました。載っていた車はディーラーに下取りに出す前提でしたが、査定額は期待していたよりも少なく、買取専門店と比較すると15万程度も離れた額になるところでした。それまで下取りしか利用していませんでしたが、初めて無料の一括査定サイトを活用してみて、その金額差におどろきました。それにより下取りはしないことにして、車買い取り業者に売ることにしたのです。車買い取りサイトで比べてみたところ、査定額に2.5倍もの開きが生じました。複数の業者で査定を受けましたが、31万円から76万円まで金額に上下が大きかったです。当初は76万円の業者1社に売却しようかと思ったのですが、買い取りサイトでは3社程度は立会で見積もりをしてもらったほうがいいと書いてありました。3社で相見積もりを取る理由は、目視による査定をしてもらうことで、はっきりした査定額が判ります。ネット上でも概算額はわかりますが、参考にはなりますが決定額ではありません。早速複数の買い取り店に連絡を取り、自宅まで来てもらうことにしたのです。

査定から売却手続きまでは約1時間と聞かされていましたので、土日に集中的に査定見積もりをしてもらいました。査定してもらった結果、サイトで表示された概算査定額2位の査定士さんが1位の業者を追い抜き、最高額の見積もりを提示してきました。ネットでは68万円という査定額だったのですが、76万円の業者があったことを伝えてみると、会社に連絡した後78万まで上げてくれました。

車売却 注意|つまり初回登録から4年経過です

今まで使わせてもらった車を手放す日はいつか来ます。愛おしい気持ちになり、でも次の車が楽しくてたまらない気分でもあるでしょう。セカンドカーとして所有していた軽自動車を手放す事になり、買い替えせずに台数をへらしてコストダウンを図るのが目的だったので、中古車買い取り店にだけ見積もりを出してもらうようにしました。

新車で購入しましたので、1回目の車検後1年経過、つまり初回登録から4年経過です。4万キロの走行距離で、年1万キロペースなので、過走行車扱いにはなるはずも無く、平均的だと思います。車の買い取り見積もりは1社では不安なので2社にお願いし、来てもらって査定してもらいました。査定料はもちろん無料です。

誰でも車を売るとなれば、より多くの査定額を提示してくれる会社に売却したいものです。ただ素人の私には自分が乗っている自動車の相場というのが判らないので、2社に一括でお願いし、それぞれに買い取り額を出してもらい比較してみることにしました。始めに来た業者は、査定担当者が自動車を見てからパソコンを持ち出して、いくつか入力してからネット通信していました。査定結果は70万ちょっと。希望していた額は80万以上でしたので、それを伝えると本社の許可がいるのでチョット待ってほしいといわれました。

翌日別の会社の方が買い取り査定に来て、67万という金額でした。別会社の査定額が高かったこと、希望額と10万以上離れているといってみましたが、かなり厳しい金額だと白旗を挙げられてしまいます。そんなこんなと時間が過ぎたころ最初に査定をお願いした会社から、78万までなら大丈夫ですと連絡があったので、喜んでOK出しました。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/08/17 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車売却で一番高く売るには一括査定 All rights reserved.