車買い取りラビット|最も高額の査定業者に

乗り続けてきたマイカーを、車検が来る前に思い切って手放すことにしました。若干飽きていたのに加え、別の車を運転してみたいというような感覚が強くなってきたからです。以前とは違い、最近の流行は低燃費車ですから燃料代もコストが抑えられます。売る車は高額で引き取って欲しい、心の中でそう考えていたものですから、高く買ってくれると評判の業者を調べました。すると比較サイトを使った後で、売却を決めている方の多くが、そこで参考になった査定額で満足しているみたいです。現在までは、車買い取り業者一社に絞り、買い取り査定をしてもらうという感じでした。でもそれだと、伝えられた査定価格が適正と言えるのかどうか、素人には判断しようがありません。比較サイトを活用した場合、厳選された業者のなかから最も高額の査定業者にクルマの売却をお願いできるという手軽さがあります。それを知った私は、車種やグレードなど必要事項を入力して一括の査定を依頼してみたところ、腰が抜けるような高額査定となっていたので、ビックリしてしまいました。すぐ連絡したら出張してくれたので聞いてみたところ、クイック査定で表示された金額と殆ど変わらない金額で売ることができました。一括査定サイトを使っていなければ、そう思っただけでも背筋がスッとするような感覚です。

私の場合、想像していなかった金額で引き取ってもらったので最高です。いきなり売却というのも、決心がつかないという方もいると思いますから、まずはクルマの相場を見てみるところから始めてみるのも良いでしょう。

車買い取りラビット|所有台数を減らして

長年使用した自動車を手放さないといけない時があります。愛おしい気持ちになり、でも次の車が楽しみでもありという気分でしょう。セカンドカーとして所有していた自動車を売却することになり、今回は買い替えせずに所有台数を減らして経費を抑えておこうというのが目的だったので、買い取り専門店にだけ見積もりを出してもらうようにしました。

新車で買ったので、最初の車検を通してから1年経過、つまり新車登録から4年経過です。4万キロの走行距離で、1年で割れば10,000キロ程度ですから、過走行車でもありませんし、特にマイナス要因はありません。クルマの買い取り査定は2社に絞ってお願いし、全て出張査定でお願いしています。査定料はもちろん無料です。

誰でも車を売るとなれば、少しでも査定金額の高い会社に売りたいと思うと思います。ですが素人には自分が乗っている自動車の相場がまったく判らないので、2社に依頼し、それぞれの査定見積もりを比べてみることにしました。

始めに来た業者は、査定をする方が車を一通り確認したのちノートパソコンを持ち出して、いろいろな項目に入力しネット通信していました。査定結果は70万ちょっと。こちらの希望額は80万ですから、その旨を伝えると上司に相談するので1日お待ちくださいとのこと。

翌日に違う会社の方が査定に来ましたが、66万円という査定額でした。他業者では70万あったこと、私の希望額は80万と伝えてみたけど、うちではその額は難しいと撤退されてしまいました。その直後に先に査定してくれたスタッフさんから、78万円でどうですかと連絡が来たので、その業者に売ることにしました。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/06/29 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車売却で一番高く売るには一括査定 All rights reserved.