車買取 相場|今回は乗換ではなくて

長いこと使ったクルマを手放す日はいつか来ます。なんだか切ない気分にもなり、でも次の車が楽しみという気分でもあるでしょう。2台目として所有していた軽自動車を手放す事になり、今回は乗換ではなくて台数をへらしてコストダウンを図るのが目的でもあったので、買い取り専門店にだけ査定をしてもらいました。

新車で購入し、最初の車検を通してから1年経過、つまり初回登録から4年経過です。走った距離は約4万キロ、1年で割れば10,000キロ程度ですから、過走行車でもありませんし、多いわけでもありません。自動車買い取り査定は1社では不安なので2社にお願いし、すべて出張査定を依頼しました。もちろん査定料は無料です。

誰でも車を売るとなれば、少しでも高い査定会社に売りたいですよね。ですが私のような素人には自分の乗っていた自動車の相場というのが判らないので、今回2つの会社にお願いし、査定額をそれぞれ見積もってもらい比較してみることにしました。

先に来た買い取り専門店は、担当者がクルマの状況を確認してからパソコンを持ち出して、いくつか入力してから送信していました。結果は71万円と言われました。こちらの買い取り希望額は80万でしたから、そのように伝えてみると社長に聞いてみるので明日返事するとのことでした。翌日に違う会社の方が査定に来ましたが、67万という金額でした。昨日の査定が70万円だった事、希望が80万円である事を伝えると、当社ではかなり厳しいとバンザイされてしまいました。その直後に先に査定してもらった業者から、78万までなら大丈夫ですと連絡があったので、その業者に売ることにしました。

車買取 相場|ワックスなどの費用とを

これまで乗っていたクルマは、ボンネットの目立つ部分が白くなっていました。濃い色の車だったのですが、その白さが目立ってボロボロの中古車に見えてしまうのです。洗車をしてから査定してもらいに伺ったところ、やはりボンネットのあの部分が査定額に影響があると言われました。

カー用品があるお店に行ってボディの色を戻せないか考えていたところ、手軽に艶が出るような商品を店員さんに教えてもらいました。気になっていたあの部分に塗ったところ、艶が出ていい感じになりました。母親からいくらかかったと言わせるほどです。

もう一回査定を受けた所、前回よりはるかに高額になりました。年式の古いクルマだったのでどんな結果になるのか心配でしたが、考えていたよりも高く査定してくれたのでよかったです。勿論ボディの色に関しては影響はなかったようです。白くなりかけていたところも前の色に戻すこともできたし、これまでよりもそれ以上につややかにする事ができたのが嬉しかったです。

クルマの査定を受ける前には、車の艶を出しておくなど綺麗にしておかないといけませんね。ボディに白っぽさを感じたら、ワックスで磨いておくだけでも査定額が上がるかもしれません。査定見積もり額のアップと艶出しの為のワックスなどの費用とを計算してみて、オトクになるようであれば手入れするのも良いと思いませんか。今回は1,000円くらいの出費で、査定額が数万変わるんですからね。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/08/13 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車売却で一番高く売るには一括査定 All rights reserved.