4月 車売却 自動車税|資産が減ったことになります

売却した車は昨年夏に買ったセコハンです。4輪駆動の自動車に憧れていたのですが、お財布の都合で新車は無理でした。そこで良い中古車はないかと探していたところ、少し離れたところにある中古車販売店で良い車を見つけました。

ところが、喜んで乗っていたのですが、次々と予想外の問題があり、わずか半年で買い替えを考えました。近くにあるクルマ買い取り専門店に出張査定を依頼したところ、多めに見積もっても20万円にしかならないというのです。

私はこの車を半年前に70万円で購入しました。これを計算すると、約50万円を半年で資産が減ったことになります。いくらなんでも安すぎでしょうと思い、前に車買い取りを依頼したこともある有名な買い取り業者に査定の依頼をしました。その結果、26万でしたので買い取ってもらえました。地元と大手とでは6万の価格差がありました。それでも44万円目減りしたことには違いないですし、大手で査定してもらわなければ、6万円低い額で売却するはめになったかもと思うと助かったともいえます。

このまま買い取りしてもらうと思っていましたが、査定だけと思われていたようで、自動車を運ぶような考えではなかったようです。ですので、後日の引き取り時に輸送料として減額されてしまいました。もしも売ってしまおうと考えているのなら、最初から言っておけばよかったと思い直しています。今度買い取ってもらう時は、そのあたりも注意したいと思います。

4月 車売却 自動車税|どこにあるのかわかりませんが

珍しいクルマを売りに出したら、想像以上の価格で買ってもらえました。思っていたよりもかなり高く買ってもらえたのです。みんなが知っている車や人気のある車が高いものと思っていました。

ネットでチェックしたところ、そこにある情報では予想に反して、珍車は高額になりやすく買い取るとありました。他の情報では、よく見かけるような車や人気の車が高値で売れるとあったのです。但しその理由は海外に向けての話のようでした。

日本の自動車は海外では大切に扱われます。日本人が使用していたからもあり、ものを大切にする習慣もその理由のようです。私が思うに、日本の車は世界レベル以上と絶大な信頼を置いています。今回売却したクルマも国産車ですが、想像すると外国に持って行くのかもしれないと思うとドキドキした気持ちになります。それが国内であっても使用してもらえるのなら嬉しいです。

車を売却する時は、慣れ親しんだクルマを手放す悲しさもありますが、買い取り額がいくらになるのかや新たな乗り手を想像する楽しさがあります。もしかなうのなら誰が買ったのか知りたいと思います。今どこを走り、どこにいるのかなど、手放しても思い浮かぶことがあります。

どこにあるのかわかりませんが、いづれにせよ我が子の旅立ちを思う気分です。クルマを手離すときには複数の車を売りたいと思っている人がいて、売りたい人と買いたい人のバランスが取れているんだなと思いました。

豊かな日本において、これからもまだ使える車が欲しい人に譲られていくでしょう。買い取りを通じて、色々思いを巡らせてみました。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/11/25 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車売却で一番高く売るには一括査定 All rights reserved.